壁は自分のなかにある

LINEで送る
Pocket

10年のうちトンネルという3年間があります。このとき、自分が知らん顔して過ごしてきたこと、後回しにしてきたこと、無理矢理押し通してきたことが、見過ごせないぐらい衝撃をもって現れてきます。その時やっと立ち止まり反省したり、自分を変えなきゃ!と涙して思うのです。私もそんな3年過ごしました。お金の心配をしたり、いままでならなかった病気になったり、けがをしたり。人と会いたくなくなったり、自分を責めたり。引きこもりだな・・・とさえ思う日々でした。なぜちゃんと計画できなかったのか、なぜもっと人と付き合っておかなかったのか、なぜもっとお金を貯めておかなかったのか、なぜもっと日ごろから勉強しておかなかったのか、なぜ、なぜ、なぜ・・・。
自分と向き合う時間が必要以上にあります。そして新しい自分にも出会います。この時を予想できていたら、焦らず慎重に過ごすことができるのです。長い3年間。自分の悪いところを直そうと本気で思ったこと。このトンネルを抜け、運気が上がってくると忘れるのです。かすかに覚えていても、自分のプラスの本質のパワーがまた強気に戻っていくのです。人生、この繰り返しなんだろーなーって思ったんです。なぜなら落ち込んでる時はキャラが本質と違う。だから続かない。これって気付いてましたか?落ちてる時はそ~なりたいなの自分。パワーが戻れば本質で生きれるのです。理想と現実。本質と希望。カウンセリングの時見極めて聞かないと、間違ったアドバイスになる。やっぱりカルテがあるとよくわかりますね!

テスト