星野リゾート代表が語る、事業承継に必要な覚悟

LINEで送る
Pocket

大塚家具の事業継承騒動記事を読んでいたらこちらもあがってきた。この記事読んでみてほしい。経済界に疎い主婦でも(私ね)わかりやすいとおもう。ただの喧嘩の奥にある日本経済に及ぼす影響。星野佳路(よしはる)氏1960年4月29日長野県生まれ「クリエイティブな狼」凶を吉に変えてしまうスゴイヤツ です。
(以下記事抜粋)
100年続く同族企業の4代目である星野リゾートの星野佳路代表。自身の事業承継では、先代の父と激しく対立し世代交代を行った経験がある。そうしたことからファミリービジネスの研究を“ライフワーク”として取り組み、事業承継の事情にも詳しい星野代表に、今、日本の中小企業の課題になっている後継者不足・事業承継問題について話を聞いた。(聞き手・構成/ダイヤモンド・オンライン編集部 山出暁子)

星野佳路(ほしの・よしはる)/星野リゾート代表 1960年、長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、1986年米国コーネル大学ホテル経営大学院にて経営学修士号を取得。シティバンク勤務を経て91年1月、星野リゾートの前身である星野温泉の社長に就任。以来「リゾート運営の達人になる」というビジョンを掲げ、圧倒的非日常刊を追求した滞在型リゾート「星のや」をはじめ、全国で宿泊施設、スノー・リゾートを展開している。Photo by Yoshihisa Wada

テスト