【企業向け】社員教育の実例〜コミュニケーションを円滑に行う為に

LINEで送る
Pocket

2016年8月23日

(株)T様 四日市飲食店

社員教育9ヵ月目

1、全従業員のタイムカードにキャラシールを貼る。

2、3分類に分ける。分類の特徴を覚えているか全社員に確認

3、店舗ごとにタイムカードを分けて、社員が担当する従業員を決める。

4、担当従業員にどう接すればよいかを 担当社員が理解し1か月実践する。

前月までは個人カウンセリングを重点的にしてきたが、社員のポジションと意識が安定してきたため、次のステージに移行しました。これによりキャラの使用が個⇒ 個:個 ⇒になります。

テスト